秘密保持契約書/守秘義務契約書(NDA) チェック 作成代行

FrontPage

形式的に秘密保持契約を締結しただけで安心した気分になっていませんか?

もしその秘密保持契約(NDA)が相手から提示されたものなら危険です。 

お手元の秘密保持契約・守秘義務契約(NDA)の雛形をチェックしてみて下さい。

 
 【チェック】損害賠償の条項について損害の範囲を限定していますか?または限定しす
       ぎていませんか?


 【チェック】秘密情報・機密情報の定義を明確化していますか?または、不用意に明確
       化しすぎていませんか?このチェックを軽視すると、秘密保持契約書
       (NDA)を締結した意味がなくなります。


 【チェック】再委託先(外注先)の不手際で情報漏えいが発生した場合の責任の範
       囲を限定していますか?また限定しすぎていませんか?


 【チェック】契約期間終了後も、秘密保持義務についてチェックしましたか?
       これを見逃すと、秘密保持契約書(NDA)を締結した意味がなくなります。



もっと詳しく知りたい方はこちら

画像の説明



当法務事務所の特徴

【当サービスの 最大の特徴】

→「その場限り」の契約書の「作成・チェック」にとどまらない! 

特徴 単に、契約書を作成するだけにとどまらず、契約書の内容も説明

  契約書は内容を理解していれば、自分に不利な条項を自分で差し込んでしまう
  ということもなくなるでしょう。また、契約書の内容を説明することによって、
  お客様から提案がそれならこのように契約書を作成してほしいと提案できるよ
  うになり、よりよい契約書ができあがります

 

特徴 A4数枚のヒアリングシートで客様のビジネスの根本を把握し、契約書を作成。

  雛形に、お客様の要望事項をちょこちょこ加筆修正するだけでなく、A4数枚の詳細な
  ヒアリングシートに基づく本格的な契約書作成。お客様のビジネスの根本を把握して
  から、ブレのない契約書を作成。
  お客様のビジネスの根本まで把握するため契約書作成後も、よき法的アドバイザーに。



特徴 公認会計士・税理士・弁護士と提携して一歩進んだ法的サービスを提供

   契約に関して、紛争が発生した場合、弁護士の関与が必要となります。
   当事務所は、ワンストップサービスを提供が可能となります。

 

特徴 契約締結後一定期間 メールによるアフターフォロー

   契約書の保管方法・契約締結後の相手とのやりとりのフォローなどをします。
   先方からこの契約書はまだ有効ですか?と2年後に問合せ受けた場合でも対応致します。

 

特徴 全国対応
   メールでやりとり可能であるため、全国対応しております。





当事務所は、法的防御力の高い契約書を作成して、不要なトラブルを防止し、お客様が営業に専念できるように切に願っております。

まずは【電話による無料相談】で不安を和らげてみませんか

TEL : 045-211-6219
受付時間 : 9:30~18:00(土日祝日は除く)

行政書士は法律上、守秘義務があるため、お客様の秘密は厳守致します。
メールによる相談はこちら → メールフォーム



画像の説明









powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional